HOME > FLOWER BLOG > 店内販売 > 植物標本

FLOWER BLOG

< 冬の装飾の下準備  |  一覧へ戻る

植物標本

最近、瓶の中で水のようなものに漂う植物の飾りをよくみかけませんか?

あれは、ハーバリウムオイルという液体に入った物です。

ハーバリウムという言葉は、植物標本の意味があります。

それが最近は観賞用として広まったようです。

ITSUKIには植物がたくさんあるので、せっかくならオリジナルの物をということで、

ハーバリウム作り始めました。



液体の中をたゆたう植物は、なかなか優雅です。

手前の緑のものは、上の方に空間を残して、植物の茎や漂う様子を観察できるようにしました。

これは、ハーバリウムを知った頃からいつか作るなら、このデザインで作ってみようと考えていたものです。

そして、後ろのオレンジとブラックのもの。



こちらの瓶はスタッキングできるタイプなので、

ハロウィンカラーにしてみました。

ハロウィンが過ぎても、ばらばらにしたらまた違う可愛さがあります。

上のオレンジ色の物は、ドライのオレンジやシナモン、スターアニスなどをいれて秋っぽい色合いになりました。

したの黒いのは、パープルと組み合わせて、シックな色合いに。

パープルのラメが入っています。


窓辺に置いたら、液体がきらきらしてとてもきれいです。

こちらは、3点とも各2,500円(+消費税)です。

オーダーメイドも承っております。

瓶や花材によって、値段は変化します。

興味がございましたら、お気軽にスタッフまでお問い合せ下さい。

カテゴリ:

< 冬の装飾の下準備  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

ITSUKIのしめ飾り

レッスンに加えて、今年はオーダーもたくさん頂きました。

本当にありがとうございました。

一つ一つ、丁寧に。

来年の幸せを願いながら、制作させて頂きました。

最初、今年のITSUKIのしめ飾りの土台は紺に決定shine

と、思ってたのですが、まわりまわって、全然違うピンクとアイボリーのマーブルタイプの土台になりました。



だいぶ、甘々です。

逆に甘々すぎて、パンクな雰囲気すら漂ってるのではと、作り手としては思っております。

その他、オーダメイド、店頭販売でITSUKIから旅立って行ったしめ飾りたち。



















今年は、紺色やエンジ色のような、大人っぽい土台が人気だったように思います。

去年は、ラベンダー色の甘い感じが人気でした。

来年は、どんなしめ飾りを考えようかなぁと、今から楽しみです!!

今年も残すところ、あとわずか!

悔いのないよう、精一杯励みたいと思います!

秋のアクセサリー

秋のアクセサリーを制作しました。

本物の紅葉を使ったイヤリングです。



紅葉の下には、金色の葉っぱのチャームがゆらゆら揺れますshine

反対側は、渋めの黄緑の紫陽花にコットンパールで、アシンメトリーなデザインのイヤリングです。

かなり紅葉が存在感があって、個性的な秋の装いにmaple

もう一つは、バレッタです。



コットンパールのまわりに、薄紫、ワインレッド、ヴァイオレットの3色の紫陽花をあしらいました。

深い赤色のビーズもちらりと隠れて、秋の色どりに。

店頭でお買い求め頂けます。

オーダーも承っておりますので、お気軽にスタッフまでおたずねくださいconfident

お花のアクセサリー

今の季節にぴったりな、つやつやとろーんなお花のアクセサリーあります。



こちらはアメリカンピアスのタイプで、ゆらゆら揺れます。

白と水色の紫陽花が涼し気で、写真では見にくいですが、コットンパールが真ん中についています。



ヒトデがゆらゆら揺れるタイプもあります。

ピンクのはシンプルに。でも、パールとビーズが光に当たってキラキラとキレイです。



こちらはイヤリングタイプ。

千日紅やカスミソウもあしらって、カラフルなんだけどナチュラルな印象に。

紫陽花も、ピンク、水色、黄緑と色んな色を組み合わせています。


最近個人的にイヤーカフにはまってまして。

紫陽花で作ったらどうなるだろうと、作った試作品がこちら・・・。



試作品だったので、自分用です。

可愛いやーんとなり、イヤーカフも販売決定です。

他の色だとどうかなと・・・。



黄色と黄緑、水色の組み合わせです。

夏ですし、爽やかで元気の出そうな色合わせにしました。

真ん中に置いた深い緑色のビーズがレジンでとろんとしていい感じの存在感を放ってくれました✧

最後はこちら。



他の紫陽花はプリザーブドフラワーの紫陽花を使用したのですが、

こちらは、ドライ紫陽花を使用しました。

よりナチュラルに、シンプルな仕上がりになりました。

コットンパールを花芯にしました。

これ、かなりのお気に入り。

もう1個同じの作ろうかなぁ、なんて思ってます。

でも、プリザーブドフラワーもドライフラワーも、自然のお花を薬剤を使ったり、乾燥させたりしたもの。

紫陽花の花びら1枚とってみても、全く同じものはないのです。

似たような雰囲気のものは作れても、同じものは作れないっていうのも、フラワーアレンジの面白いところだなぁと思います。

美容院にご来店のついでに、レジ前のカウンターの上の棚を覗いて見て下さいね♡

むしろ、アクセサリーのみご覧になりたい方も大歓迎です♡


ITSUKI hair design
Flower部門
日下部 ともみ

このページのトップへ