HOME > FLOWER BLOG

FLOWER BLOG

夏のオブジェ2017

かなりFlowerのブログを書くのが久しぶりになってしまいました。

文章を書くのは、とても好きなのですが・・・。

書いてない間のことは、また追々記事にして参りたいと思います。

今回は、夏のオブジェについてです。

今年の夏は、かなり!!暑い夏になるようですね。

みなさん、熱中症などにはくれぐれも気を付けましょう!!


今年のITSUKIの店内オブジェ。

一年を通してのテーマは、「本」です。

何を隠そう、私はかなりの本好きでして。

せっかくなので、季節に合った本をイメージして店内のオブジェを制作する事になりました。

・・・春はもう終わってしまったので、また次の機会に紹介させて頂きます・・・。

夏は、恩田陸さんの『蛇行する川のほとり』です。

少女たち(と、少年も少し)が、夏の間に集まって、演劇に使う背景を描き上げるというところから、お話は始まります。

過去と現在が交錯し、隠していた秘密、それを暴こうとする者、何も知らないまま巻き込まれていく少女。

不穏な秘密を底に秘めて、真夏の数日間の合宿が始まります。



あの時期にしか、持ちえない輝き。

少女であるということ。

儚さ。

全てを包み込んで、夏の時間は過ぎていく。

そこは、周囲からは隔絶された空間。

果たして、守られているのか、孤立しているのか。



川は、全てを知りながら今日も流れている。



その夏が終わる頃、少女であった時代も終わるのだろう。

終わるから、全ての事はこんなにも美しく、輝いている。

秘密が彼女たちを、結び付け、特別なものにした。

この話は、不穏で残酷で、それでいてとても美しいお話です。

恩田さんの文章は素晴らしいです。

是非、お時間があれば読んでいただきたい1冊です。


ITSUKIのしめ飾り

レッスンに加えて、今年はオーダーもたくさん頂きました。

本当にありがとうございました。

一つ一つ、丁寧に。

来年の幸せを願いながら、制作させて頂きました。

最初、今年のITSUKIのしめ飾りの土台は紺に決定shine

と、思ってたのですが、まわりまわって、全然違うピンクとアイボリーのマーブルタイプの土台になりました。



だいぶ、甘々です。

逆に甘々すぎて、パンクな雰囲気すら漂ってるのではと、作り手としては思っております。

その他、オーダメイド、店頭販売でITSUKIから旅立って行ったしめ飾りたち。



















今年は、紺色やエンジ色のような、大人っぽい土台が人気だったように思います。

去年は、ラベンダー色の甘い感じが人気でした。

来年は、どんなしめ飾りを考えようかなぁと、今から楽しみです!!

今年も残すところ、あとわずか!

悔いのないよう、精一杯励みたいと思います!

冬の店内装飾

12月も中旬を過ぎ、すっかり寒くなって参りました。

ITSUKIの店内の装飾も、冬にチェンジしました。

全貌は、また次回・・・。

今回は、それぞれのアイテムをご紹介します。

鳥かごの中に、黒いバラ、赤いバラ、コットン、キャンドルなどをアレンジして、さらにその側面に木の枝を差し込みました。



いつものITSUKIの雰囲気とはすこし違うテイストで、大人っぽくクールに決めてみました。

その中にも、ナチュラルなテイストも取り入れつつ、

真冬のミッドナイトガーデンウェディングの完成です。

今回は、天幕の下でのウェディングをイメージしていまして、

こちらのアイテムのみ、天幕の外に配置するつもりだったので、

外での雰囲気と、夜の雰囲気を出してみました。

他にも多数アイテムがございますが、あと2点ほど今回はご紹介したいと思います。

ウェディングで欠かせないもの。

やっぱり、ブーケですよね。

フラワーボール(別名スノーボール)という形の、まん丸ブーケです。



天幕の中の基本的なイメージは、白と銀。

ですので、ほぼ真っ白なブーケが出来上がりました。

最後は、ケーキスタンドに並べてある、ケーキに見立てたアレンジです。



3種3様のカップケーキを作りました。

次回は、全体をご紹介したいと思います。

秋*ウェディング

もうすぐ11月。

秋もますます深まってきましたね。

11月になると、紅葉も色鮮やかになっていきます。

そして、あっという間に冬です。

店内入ってすぐの本棚の上のオブジェも、冬仕様になりますので、

その前に、ご紹介します!

今年は1年を通して、季節のウェディングをテーマに飾っています。

今は、秋のウェディングです。

テーマは、「秋のカラフルウェディング」。

秋のこっくりした色合いで色鮮やかにを意識しました。




赤、オレンジ、緑、紫、茶色にベージュなどなど、色んな色が使われていますが、

深みのある色合いなので、落ち着いて見えます。

今回は、バスケットブーケにしてみました。

元々ナチュラルテイストが好きなのですが、秋はさらにナチュラルを求めてしまいます。

花嫁さんがこちらを持ったら、かなり可愛いだろうなぁと、考えながら制作していました。

今回は、先程書いたテーマの他にも、

もう一つの裏テーマがありました。

新郎新婦準備中。です。




トピアリーを二つ並べて、麻紐で繋ぎました。

こちらの花材もブーケとほぼ同じ花材を使っています。

髪には、英語で新郎新婦準備中とスタンプを押してあります。

こちらのトピアリー、花材をさすまえはこんな感じです。



これだけでも、何かのオブジェのような・・・。

他には、準備中ですので、ティアラを置いてみたりしました。



落ち葉も散りばめてありますよ。

冬仕様になる前に、のぞきに来てみてくださいねshine

秋のランプ

ちょっと遅くなりましたが・・・。

ITSUKIの秋の店内装飾をご紹介したいと思いますmaple

今回は、ランプからflair



小枝を紐でまとめて、これから寒くなっていく備えに薪を準備しているところです。

小枝の合間から顔をのぞかせているのは、カスミソウです。

これはプリザーブドフラワーのカスミソウで、アンティーク調の色合いで秋にぴったりだと思います。

散りばめられているのは、バラのポプリです。

近くで匂うと、本当にバラのいい香りがしますshine

さすがに、ランプの下までは漂ってきませんが・・・。

落ち葉も、プリザーブド加工されあるものです。

ドライや、落ち葉をそのままよりも、プリザーブド加工されているものは、

しなやかさがあるので、扱いやすいと思います。

全部、元々自然のものなので、一つとして全く同じ形はないところが、

面白いところです。

ご来店の際は、是非ランプを一度見上げて見てくださいねshine

ITSUKI秋リース

お店の玄関に飾る、秋のリースできました。

落ち葉のリースが作りたくてmaple



落ち葉を一枚一枚、ワイヤーでリースの土台につけていきました。



黄色系の落ち葉、赤系の落ち葉を交互に貼り付けていって、

スモークツリーや、カスミソウを散らしました。

濃い紫色の、ひまわりの種から作られているプチフラワーをアクセントに、最後にプチフラワーと同じ色のリボンで飾りました。

秋らしくなったでしょうか。

スモークツリーが大好きで、

思う存分使える秋は、大好きですheart01

このカスミソウはプリザーブドフラワーなんですが、アンティークカスミソウと言って、

ちょっとアンティークな感じの色合いに染め上げられていて、秋のノスタルジックな感じにぴったりです。

落ち葉のちょっとした色の違いだけでも、単調な感じじゃなくなるのが面白いなぁと思いました。

周りの風景が秋色になっていくと、なんだかほっと安心した気持ちになります。

まだ暑い日が続いたりするときもありますが、

季節の変わり目、みなさん体調に気をつけてお過ごしください☆

秋のアクセサリー

秋のアクセサリーを制作しました。

本物の紅葉を使ったイヤリングです。



紅葉の下には、金色の葉っぱのチャームがゆらゆら揺れますshine

反対側は、渋めの黄緑の紫陽花にコットンパールで、アシンメトリーなデザインのイヤリングです。

かなり紅葉が存在感があって、個性的な秋の装いにmaple

もう一つは、バレッタです。



コットンパールのまわりに、薄紫、ワインレッド、ヴァイオレットの3色の紫陽花をあしらいました。

深い赤色のビーズもちらりと隠れて、秋の色どりに。

店頭でお買い求め頂けます。

オーダーも承っておりますので、お気軽にスタッフまでおたずねくださいconfident

秋リースの花材

9月中旬からのレッスンの花材です。
 
秋だから、紅葉を使ってみましたmaple



 
10月に入ってハロウィン近くには、紫リボンとハロウィンピックをつけることで、

ハロウィンリースに早変わりです♪
 
この紫リボン、両端にゴールドがついてて、ちょっとゴージャス☆shine

ハロウィン気分、盛り上げてくれます٩(ˊᗜˋ*)و
 


リボンのヘアゴム

お店で小学生以下のお客様にプレゼントしてるリボンのヘアゴムに、新しい柄が登場です。


 
ハロウィンはまだ早すぎるかなぁ思いつつも、1つ試しに作ってみました。
 
全部、私の手作りのため気づくとリボンない!ってことも時々あるのですが…(>_<)

その時はスタッフが心を込めて選んでるお菓子をどうぞm(_ _)m

 
ちなみにお菓子は、ぺこちゃんキャンディーと、クッピーラムネが人気です☆*。
 
変り種のお菓子は意外と人気ないと、最近気づきました。

ころんと、ゆらゆら

浴衣の髪飾り❁❀✿✾娘用にも一つ制作しましたshine
 
ころんと、ゆらゆらheart04が、娘からのオーダーでした。
 
組み合わせるとこうなりました。


 
ころんとした形は、和服によく合うなぁと、改めて思いました。
 
よくよく見ると、水色タッセルの他にも、赤い実、ピンクのカスミソウなどが、ゴールドワイヤーで連なって揺れ素材として垂らしてあります❁❀✿✾
 
本人、かなり満足してくれたようでよかったです。
 
この浴衣に合わせて作ったので、また来年使えます♪
 
浴衣に合わせて、オーダーメイドの髪飾りいかがですかtulip
 
ちょっとした贅沢ですよね。
 
お値段は花材や技法にもよりますが、こちらのサイズで大体3000円~という感じです。
 
もっと小さければ、1000円前後でもお作りできます❁❀✿✾


12

アーカイブ

このページのトップへ