HOME > FLOWER BLOG

FLOWER BLOG

卒業(園)式、入学(園)式のコサージュ

もうすぐ、卒業(園)、卒業(園)の季節ですね。

今年も、コサージュのオーダーが入り始めています。

こちらは、親子でお揃いでつけたいというオーダーで制作したものです。



お母さんが向かって右側、娘さんのは左側のコロンと可愛い形です。

娘さんが水色が好きと言うことだったので、水色が目立つように、当日に着る洋服にも合うように制作しました。

他にも、パールを使った物や、オーガンジーリボンを使ったものなど、なるべくご要望にお応えできるようにしております。

また、ITSUKI flower designの既存のデザインから選んで頂いて、色を変えたり、デザインを少し変更したいというオーダーも承っております。
























春日井市 名古屋市
フラワーアレンジメント教室
フラワーアレンジ レッスン
オーダーメイド コサージュ
オーダーメイドコサージュ
春日井のフラワーアレンジメント教室

ディプロマ資格が取得できるようなります!

フラワーの方のブログがだいぶ時間が空いてしまいました。

今年は平成30年。

平成になってから、30年も経つなんて。

なんだか、感慨深いです。

今年のフラワー部門は、色んな事をなるべくやっていこうと思っています。

まずは、ITSUKIフラワー部門のレッスンでディプロマを取得できるコースを取り入れる予定です。

おそらく、春頃には・・・。

今までも、フラワーアレンジメントの師範資格を取得するコースもあったのですが、

そちらは、基礎からかなりみっちりと、実技試験と学科試験もあるのですが、

取得するには、お時間もかなりかかるので、

もう少しお手軽に取得可能コースができます!

このディプロマコースを取得されますと、

お花の市場にご自分で買い付けに行けるようになります。

他にもやれる事が広がります。

そちらのディプロマ取得コースは、MFDコースです。


もしも、仕事などに生かすために、みっちり勉強したいという方はご相談下さい。

そちらのコースも取得可能です。



春日井フラワーアレンジメント教室
名古屋フラワーアレンジメント教室
フラワーアレンジ 資格取得 AFJ MFD
お花の習い事

今年のしめ飾り

今年のしめ飾りは、土台が4色から選べます。

紺色、臙脂色、ピンク、緑の4色です。









土台の色だけでなく、お花の色もお選び頂けます(在庫には限りがございます)。

レッスン代¥3,888(税込)

しめ飾りの販売も同価格でしています。

店頭に展示してある物に限り、直接お店にお買い求めにお越し頂いた場合、

10%OFFで販売させて頂きます!


※Futuro cafe+dining(フトゥロカフェ)さんで、12月11日の月曜日と、12月25日の月曜日に、出張レッスンを開催させて頂きます。
両日とも、若干空きがございます。

お友達やご家族などお誘い合わせの上、是非ご参加ください!
大人の方は、お一人につきお一つ制作して頂きます。

※Futuro cafeさんでのレッスンでは、レッスンの前か後に、お食事もしくはお飲み物をご注文して下さい。



名古屋市・春日井市 フラワーアレンジメント教室
神領・高蔵寺 フラワーアレンジ教室 フラワーアレンジレッスン
ITSUKI flower design

冬の装飾

冬を迎える前に、店内装飾を変えました。

今年1年は、それぞれの季節に合わせた本のイメージでアレンジするというテーマで制作しておりました。

冬の今回が、本をテーマにするアレンジの最後になるわけですが、

最後の本、悩みに悩みまして・・・。

そのせいもあって、なかなか制作に入れませんでした。

最終的に選んだのがコチラ。




よしもとばななさんの、『ハゴロモ』です。

よしもとばななさんと言えば、日本を代表する作家さんのお一人で、よしもとさんの本は読んだことないなぁという方も、

お名前や、代表作などは聞き覚えがあるという方も多くいらっしゃることと思います。

こちらの『ハゴロモ』は、

簡単にざっくり説明すると、

都会で自分らしくないような生き方を気付かないうちにして、

気付けば、自分が疲弊してることに気づいた。

故郷に帰り、昔馴染みにあったり、さらに傷ついた人に接したりしていくうちに、

色んなタイミングで縁が繋がり、再生していく。

というような、お話です。

・・・ざっくりすぎて、いい所、全然伝わってないと思います。


少し、不思議で。

不思議なことなはずだけど、本の中ではそれは現実的に感じられて、なるほどそういうものかって思ってしまえる。

よしもとさんの本の全体的なイメージって、私の中ではそうです。

そして、人間に優しい。

厳しい現実に直面しても、少しは優しい部分も残しておいてくれる。

その時その時の自分の状況によって、場所は変わるけど、心にぐっとくる一文がある。

すごくつらい時に、彼女の死生観に救われたこともあります。


『ハゴロモ』は、再生の物語。

冬の間、無理して動かず、自分の中の何かが上手く動き出すのを待つ。

春を待つ。

ITSUKIが3周年を迎える春に向かって、

慣れてしまって見えなくなっているところや、大切にしていた気持ち、初心などを、

もう一度見つめなおして、よりよい場所にしていきたいという意味を込めて、こちらの本を選びました。

長くなってしまったので、

装飾の紹介は、また次回させて頂きます。

寒くなって参りました。皆様、お風邪など引きませんようにsnow



名古屋市・春日井市 フラワーアレンジメント教室
神領・高蔵寺 フラワーアレンジ教室 フラワーアレンジレッスン
ITSUKI flower design


灰色ラタンのクリスマスリース

今年のクリスマスリースは、土台の色がグレーです。



土台の素材はラタンです。

花材は、グリーンやシルバー、黒っぽい色などでまとめて、大人っぽくしました。





リースの下にはガーランドを作って垂らす仕様で製作します。

そして、ガーランドの先端には、きらきらシルバーに光る星のオーナメントがついています。



クリスマスシーズンには、赤いリボンをつけても◎

ご希望の方にはリボンのご用意も致します。

レッスン価格は、¥3,888(税込)です。

販売価格も同じで、同じものを販売致しております。

また、オーダーメイドのリースも承っております。

お気軽にお問い合せください。



名古屋市・春日井市 フラワーアレンジメント教室
神領・高蔵寺 フラワーアレンジ教室 フラワーアレンジレッスン
ITSUKI flower design

オリーブのリース

今日は夏の間に伸び放題になっていた、お店に植えてあるオリーブの木の剪定をしました。

伸び放題で、ぼさぼさだったので、たくさんオリーブの枝が出ました。

そこで、同じく伸び放題のローズマリーや、

あとは・・・名前も知らず、いつの間にか生えていた、なんか可愛い植物も一緒に、

オリーブリースを作ってみました。



なるべく枝がぴょんぴょん出てる奔放な感じで作りました。

ローズマリーも、名前を知らない植物も、オリーブの合間合間でいいアクセント出してくれてます。

生花はやっぱり癒されますねぇ。

こちらのレッスンや販売では、生花は取り扱ってはいないのですが、

元々、生花が一番好きです。


こちらのリースは枯れ次第、撤去するので期間限定リースです。

通りがかった際には、ぜひご覧になってください。

植物標本

最近、瓶の中で水のようなものに漂う植物の飾りをよくみかけませんか?

あれは、ハーバリウムオイルという液体に入った物です。

ハーバリウムという言葉は、植物標本の意味があります。

それが最近は観賞用として広まったようです。

ITSUKIには植物がたくさんあるので、せっかくならオリジナルの物をということで、

ハーバリウム作り始めました。



液体の中をたゆたう植物は、なかなか優雅です。

手前の緑のものは、上の方に空間を残して、植物の茎や漂う様子を観察できるようにしました。

これは、ハーバリウムを知った頃からいつか作るなら、このデザインで作ってみようと考えていたものです。

そして、後ろのオレンジとブラックのもの。



こちらの瓶はスタッキングできるタイプなので、

ハロウィンカラーにしてみました。

ハロウィンが過ぎても、ばらばらにしたらまた違う可愛さがあります。

上のオレンジ色の物は、ドライのオレンジやシナモン、スターアニスなどをいれて秋っぽい色合いになりました。

したの黒いのは、パープルと組み合わせて、シックな色合いに。

パープルのラメが入っています。


窓辺に置いたら、液体がきらきらしてとてもきれいです。

こちらは、3点とも各2,500円(+消費税)です。

オーダーメイドも承っております。

瓶や花材によって、値段は変化します。

興味がございましたら、お気軽にスタッフまでお問い合せ下さい。

冬の装飾の下準備

今年度は、それぞれの季節に合わせて本をテーマに装飾すると決めてます。

まだ秋は始まったばかりですが、冬の装飾の本をどれにするか悩みに悩んでいます。

3冊にまでしぼりましたが。

そこから進まない。

何か決め手が欲しい。



1つは全世界てきに有名な本。

1つは日本ではかなり有名な作家さん。

1つは個人的にずしっときた、最近知った本。

テーマはそれぞれ違うと、思います。

本のテーマは、読み手の側の受け取り方次第だと思っているので。

一年を通して、今回で四回目の本をテーマにした装飾なのですが、

意外と絵本とかの方が、難しい。

絵として、その世界観が出来上がっているので、そこから自分の中に落とし込むのが難しいのです。

やっぱり、絵の中に出てくるシンボル的なものを作ってしまいます。

後は、子ども向けの本もこれが結構難しいです。

春、秋は子ども向けの本で作ったので、しばりが結構多くて苦労しました。

夏の装飾は、わりと抽象的な感じだったので、そこからイメージやテーマを自分なりに拾って制作できました。

どちらも、違う楽しさがあるのですが・・・。

冬は、どうしようかなぁと、今から頭を抱えています。

またいつか、本をテーマに一年間というのはやるかもしれないけど、

とりあえず今年度は冬でおしまいなので、悔いのないようなものを制作したいです。

どの本になったかは、また決定したら、ご報告いたします!



写真は去年の冬の装飾の一部です。


Flower担当ともみでした!

秋の装飾

もう9月も終わり。

すっかり朝晩は涼しくなって参りました。

今回の秋の装飾のテーマは『どうぞのいす』。

きっと、皆さんも小さい頃に読んだり、読んだことはなくても聞いたことはあるのではないでしょうか?

とっても有名な絵本です。

勘違いから始まる物語ですが、優しさの連鎖でほっこりするお話です。

クリやどんぐりなど、登場するおすそ分けの物も秋っぽいので、

今回はこちらの絵本を選びました。

もし、まだお読みになったことがない方は、ご希望があれば、店内でお読みいただくこともできます。

お気軽にスタッフまで、お声がけくださいね。

今回一番力を入れたのが、ウサギが作った椅子です!

フラワーアレンジメントでなく、椅子に力を入れました!







絵本の中の椅子のサイズを測り、それと同じくらいの比率の椅子を作ってみました。

都合上多少の誤差はありますが、だいぶ寄せれたのではないかと思います。

後ろを向けば、ちゃんとウサギのしっぽもついてます。

ぜひ、一度ご覧になってください。

秋を感じつつ、動物たちの優しさに心温まること間違いなしです!

Flower部門担当のともみでした。

今回の秋の装飾については、サロンブログの方でもオーナーが触れていますので、そちらも是非ご一読ください♪

夏のオブジェ2017

かなりFlowerのブログを書くのが久しぶりになってしまいました。

文章を書くのは、とても好きなのですが・・・。

書いてない間のことは、また追々記事にして参りたいと思います。

今回は、夏のオブジェについてです。

今年の夏は、かなり!!暑い夏になるようですね。

みなさん、熱中症などにはくれぐれも気を付けましょう!!


今年のITSUKIの店内オブジェ。

一年を通してのテーマは、「本」です。

何を隠そう、私はかなりの本好きでして。

せっかくなので、季節に合った本をイメージして店内のオブジェを制作する事になりました。

・・・春はもう終わってしまったので、また次の機会に紹介させて頂きます・・・。

夏は、恩田陸さんの『蛇行する川のほとり』です。

少女たち(と、少年も少し)が、夏の間に集まって、演劇に使う背景を描き上げるというところから、お話は始まります。

過去と現在が交錯し、隠していた秘密、それを暴こうとする者、何も知らないまま巻き込まれていく少女。

不穏な秘密を底に秘めて、真夏の数日間の合宿が始まります。



あの時期にしか、持ちえない輝き。

少女であるということ。

儚さ。

全てを包み込んで、夏の時間は過ぎていく。

そこは、周囲からは隔絶された空間。

果たして、守られているのか、孤立しているのか。



川は、全てを知りながら今日も流れている。



その夏が終わる頃、少女であった時代も終わるのだろう。

終わるから、全ての事はこんなにも美しく、輝いている。

秘密が彼女たちを、結び付け、特別なものにした。

この話は、不穏で残酷で、それでいてとても美しいお話です。

恩田さんの文章は素晴らしいです。

是非、お時間があれば読んでいただきたい1冊です。


123

アーカイブ

このページのトップへ