HOME > FLOWER BLOG > 店内装飾 > 冬の装飾

FLOWER BLOG

< 灰色ラタンのクリスマスリース  |  一覧へ戻る  |  今年のしめ飾り >

冬の装飾

冬を迎える前に、店内装飾を変えました。

今年1年は、それぞれの季節に合わせた本のイメージでアレンジするというテーマで制作しておりました。

冬の今回が、本をテーマにするアレンジの最後になるわけですが、

最後の本、悩みに悩みまして・・・。

そのせいもあって、なかなか制作に入れませんでした。

最終的に選んだのがコチラ。




よしもとばななさんの、『ハゴロモ』です。

よしもとばななさんと言えば、日本を代表する作家さんのお一人で、よしもとさんの本は読んだことないなぁという方も、

お名前や、代表作などは聞き覚えがあるという方も多くいらっしゃることと思います。

こちらの『ハゴロモ』は、

簡単にざっくり説明すると、

都会で自分らしくないような生き方を気付かないうちにして、

気付けば、自分が疲弊してることに気づいた。

故郷に帰り、昔馴染みにあったり、さらに傷ついた人に接したりしていくうちに、

色んなタイミングで縁が繋がり、再生していく。

というような、お話です。

・・・ざっくりすぎて、いい所、全然伝わってないと思います。


少し、不思議で。

不思議なことなはずだけど、本の中ではそれは現実的に感じられて、なるほどそういうものかって思ってしまえる。

よしもとさんの本の全体的なイメージって、私の中ではそうです。

そして、人間に優しい。

厳しい現実に直面しても、少しは優しい部分も残しておいてくれる。

その時その時の自分の状況によって、場所は変わるけど、心にぐっとくる一文がある。

すごくつらい時に、彼女の死生観に救われたこともあります。


『ハゴロモ』は、再生の物語。

冬の間、無理して動かず、自分の中の何かが上手く動き出すのを待つ。

春を待つ。

ITSUKIが3周年を迎える春に向かって、

慣れてしまって見えなくなっているところや、大切にしていた気持ち、初心などを、

もう一度見つめなおして、よりよい場所にしていきたいという意味を込めて、こちらの本を選びました。

長くなってしまったので、

装飾の紹介は、また次回させて頂きます。

寒くなって参りました。皆様、お風邪など引きませんようにsnow



名古屋市・春日井市 フラワーアレンジメント教室
神領・高蔵寺 フラワーアレンジ教室 フラワーアレンジレッスン
ITSUKI flower design


カテゴリ:

< 灰色ラタンのクリスマスリース  |  一覧へ戻る  |  今年のしめ飾り >

同じカテゴリの記事

オリーブのリース

今日は夏の間に伸び放題になっていた、お店に植えてあるオリーブの木の剪定をしました。

伸び放題で、ぼさぼさだったので、たくさんオリーブの枝が出ました。

そこで、同じく伸び放題のローズマリーや、

あとは・・・名前も知らず、いつの間にか生えていた、なんか可愛い植物も一緒に、

オリーブリースを作ってみました。



なるべく枝がぴょんぴょん出てる奔放な感じで作りました。

ローズマリーも、名前を知らない植物も、オリーブの合間合間でいいアクセント出してくれてます。

生花はやっぱり癒されますねぇ。

こちらのレッスンや販売では、生花は取り扱ってはいないのですが、

元々、生花が一番好きです。


こちらのリースは枯れ次第、撤去するので期間限定リースです。

通りがかった際には、ぜひご覧になってください。

秋の装飾

もう9月も終わり。

すっかり朝晩は涼しくなって参りました。

今回の秋の装飾のテーマは『どうぞのいす』。

きっと、皆さんも小さい頃に読んだり、読んだことはなくても聞いたことはあるのではないでしょうか?

とっても有名な絵本です。

勘違いから始まる物語ですが、優しさの連鎖でほっこりするお話です。

クリやどんぐりなど、登場するおすそ分けの物も秋っぽいので、

今回はこちらの絵本を選びました。

もし、まだお読みになったことがない方は、ご希望があれば、店内でお読みいただくこともできます。

お気軽にスタッフまで、お声がけくださいね。

今回一番力を入れたのが、ウサギが作った椅子です!

フラワーアレンジメントでなく、椅子に力を入れました!







絵本の中の椅子のサイズを測り、それと同じくらいの比率の椅子を作ってみました。

都合上多少の誤差はありますが、だいぶ寄せれたのではないかと思います。

後ろを向けば、ちゃんとウサギのしっぽもついてます。

ぜひ、一度ご覧になってください。

秋を感じつつ、動物たちの優しさに心温まること間違いなしです!

Flower部門担当のともみでした。

今回の秋の装飾については、サロンブログの方でもオーナーが触れていますので、そちらも是非ご一読ください♪

冬の店内装飾

12月も中旬を過ぎ、すっかり寒くなって参りました。

ITSUKIの店内の装飾も、冬にチェンジしました。

全貌は、また次回・・・。

今回は、それぞれのアイテムをご紹介します。

鳥かごの中に、黒いバラ、赤いバラ、コットン、キャンドルなどをアレンジして、さらにその側面に木の枝を差し込みました。



いつものITSUKIの雰囲気とはすこし違うテイストで、大人っぽくクールに決めてみました。

その中にも、ナチュラルなテイストも取り入れつつ、

真冬のミッドナイトガーデンウェディングの完成です。

今回は、天幕の下でのウェディングをイメージしていまして、

こちらのアイテムのみ、天幕の外に配置するつもりだったので、

外での雰囲気と、夜の雰囲気を出してみました。

他にも多数アイテムがございますが、あと2点ほど今回はご紹介したいと思います。

ウェディングで欠かせないもの。

やっぱり、ブーケですよね。

フラワーボール(別名スノーボール)という形の、まん丸ブーケです。



天幕の中の基本的なイメージは、白と銀。

ですので、ほぼ真っ白なブーケが出来上がりました。

最後は、ケーキスタンドに並べてある、ケーキに見立てたアレンジです。



3種3様のカップケーキを作りました。

次回は、全体をご紹介したいと思います。

秋*ウェディング

もうすぐ11月。

秋もますます深まってきましたね。

11月になると、紅葉も色鮮やかになっていきます。

そして、あっという間に冬です。

店内入ってすぐの本棚の上のオブジェも、冬仕様になりますので、

その前に、ご紹介します!

今年は1年を通して、季節のウェディングをテーマに飾っています。

今は、秋のウェディングです。

テーマは、「秋のカラフルウェディング」。

秋のこっくりした色合いで色鮮やかにを意識しました。




赤、オレンジ、緑、紫、茶色にベージュなどなど、色んな色が使われていますが、

深みのある色合いなので、落ち着いて見えます。

今回は、バスケットブーケにしてみました。

元々ナチュラルテイストが好きなのですが、秋はさらにナチュラルを求めてしまいます。

花嫁さんがこちらを持ったら、かなり可愛いだろうなぁと、考えながら制作していました。

今回は、先程書いたテーマの他にも、

もう一つの裏テーマがありました。

新郎新婦準備中。です。




トピアリーを二つ並べて、麻紐で繋ぎました。

こちらの花材もブーケとほぼ同じ花材を使っています。

髪には、英語で新郎新婦準備中とスタンプを押してあります。

こちらのトピアリー、花材をさすまえはこんな感じです。



これだけでも、何かのオブジェのような・・・。

他には、準備中ですので、ティアラを置いてみたりしました。



落ち葉も散りばめてありますよ。

冬仕様になる前に、のぞきに来てみてくださいねshine

秋のランプ

ちょっと遅くなりましたが・・・。

ITSUKIの秋の店内装飾をご紹介したいと思いますmaple

今回は、ランプからflair



小枝を紐でまとめて、これから寒くなっていく備えに薪を準備しているところです。

小枝の合間から顔をのぞかせているのは、カスミソウです。

これはプリザーブドフラワーのカスミソウで、アンティーク調の色合いで秋にぴったりだと思います。

散りばめられているのは、バラのポプリです。

近くで匂うと、本当にバラのいい香りがしますshine

さすがに、ランプの下までは漂ってきませんが・・・。

落ち葉も、プリザーブド加工されあるものです。

ドライや、落ち葉をそのままよりも、プリザーブド加工されているものは、

しなやかさがあるので、扱いやすいと思います。

全部、元々自然のものなので、一つとして全く同じ形はないところが、

面白いところです。

ご来店の際は、是非ランプを一度見上げて見てくださいねshine

このページのトップへ